枕選びのポイントとして素材は重要なのは間違いないが素材も同様に重要

多くの方が枕選びはデザインや大きさで決めているのではないかと思うのですが、通気性のよさとか、素材なども気になりませんか?衛生面を考えると水洗いできる枕ということを重視する方もいらっしゃると思うんですが、枕選びだけで眠りの質を変える事になりますので、適当に選んではいけないんです。

仰向けに寝た状態で、身体が一直線になるというのが理想的らしく、枕は頭と首にしっかりフィットするものがいいと言われています。

流動性のあるパイプ枕やソバ枕などは、寝返りの際に中身が偏り、高すぎる・低すぎるというような状態になってしまい安定して支えてくれません。

枕選びのポイントとして素材は重要なのは間違いないが素材も同様に重要

首の太さや長さは人それぞれですが、湾曲した枕に頭をはめ込むと言うような感じになると非常に寝心地が悪くなってしまうはずですから、低反発枕のように波打っている感じの形状や、真ん中だけがくぼんでいる枕などはあまりお勧めできませんね。

現在使っている枕が低いと感じる場合は、タオルなどを使って高さを調節したりする事も可能なんですが、枕代わりにバスタオルという感じは風水上よくないと言われていますので、できるだけ自分に合う枕を使うようにしていただきたいと思います。

枕を代えることが出来れば、肩こりなどにも悩まされる事がなくなりますので、合う枕を探してみてください。更に言うと、自分の身体に合わない枕をしていることによる弊害というのは肩こりだけではなく、酷い場合ですと、腰にも悪影響を及ぼしてしまうことがあるということも是非知っておいてください。

オーダーメイドの枕 TOP

枕と素材と寝返りの関係性

枕と素材と寝返りの関係性について考えていきます。また、枕の形状も安定した睡眠時間を確保するための必要であるという理由について述べていきたいと思います。


Copyright© 2013年9月27日 枕と素材と寝返りの関係性
http://www.vacationin.me All Rights Reserved.